2008年5月7日水曜日

泥つきのモノから

ふと思いついたことから始まった、今回の:お金以外でのコミュニケーション。
こんなに沢山の人に来てもらえるとは、思っていませんでした。
来て下さった全ての方々に感謝いたします。 どうもありがとうございます。

泥つきの野菜を洗っているとき、頂いた食材を出すために大きな袋を開けて植物の呼吸を感じたとき、細かな棘がある「山」の植物を切っているとき、つやつやした野菜の表面をキュッキュッとこすってみたとき、狭い店にお店が開けるくらい集まった食材を眺めているとき。
この数日、何度も、お金以外の「何か」を感じる事ができました。
と同時に、何か大きなプレッシャーのようなものも感じました。

頂いた全ての食材を、たった2日で消費する事はできませんが、これから何かの折に メニューの中に還元させていただきたいと思います。

本当に ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
   
   

0 件のコメント: