2007年9月12日水曜日

チャパティーの粉をめぐる雑感

 なくなりかけのスパイスと豆とアタ―(チャパティー粉)を買いに、上野近くの乾物屋さんに行く。
いつものように、ビニールに袋に小分けされたアタ―を探す。
見当たらないので、店員さんに聞くと「もう、扱っていません。」と言う。
びっくりして理由を尋ねると、「虫が湧くから。」

 その乾物屋さんで扱っているアタ―は、2種類ある。
一つは、広範に売られてる紙の包みのモノ。
もう一つは、「ふすま」入りのビニールの包みのモノ。
どちらでも良いじゃないか。という気がしないでもないが、せっかくそこまで足を伸ばしているので、あまり広範に売られていない「ふすま入り」を買っていた。
「ふすま」が、入っているとないでは 風味が多少違う。でもこの多少は、大きいように感じる。
いい匂い。と言ってくださるお客さんがいると、うれしくなる。


 ある時、お米屋さんから配達されたお米の中に、虫を見つける。
びっくりしていると、アルバイトのお姉さんが横で、「あぁ、米虫・・・昔は、よくいましたよね。」と事も無気につぶやく。
 ある時、メキシコに遊びに行った友達が、お土産にトルティーヤ粉を買ってきてくれる。
もったいないのでチマチマ使っていると、4ヶ月くらいで虫が湧いてくる。
最初見たときは、びっくりしたっけ。

 「ふすま入り」は特に虫が湧きやすいそうだ。
お客さんに、すぐに使い切ってくださいね。と一言添えて、注意を喚起してもだめだったらしい。
最初に私が、お米の中に虫を見つけたときと同じように、その人たちもびっくりしたんだろう。
きっと、びっくりしているその人たちの近くに、「昔はよくいたよね。」と声を掛けてくれる人がいなかったんだろう。
そんなもんか。じゃぁ済まなかったんだろう。




 心ない大人が、食べ物の表示をごまかしてお金をもらっていた事が、ここ数年問題になっている。
踏み込んではいけない領域に、入ってしまった。 そんな事が日常茶飯事だと、自分の目で見えるモノを信用するしかないだろう、自分の身を、家族の身を守るために。

 が、少し考えたらどうだろう。虫の湧く食べ物って?と。
誤解されるかもしれない。「まぁ!?虫が湧いているモノを使っているんですって!」
でも、その先に何かあるような気がする。 何を重視するか。
虫が湧かないクリーンなモノ。
オーガニックな野菜をふんだんに使った、産地の解らない牛肉入りの料理。

 今は、お金を出せば結構いろんなモノが買える。 反面、売れないモノ、クレームのある面倒なモノは、市場から姿を消す。
つまり、お金を出す人がこの世の中を動かしている。
毎日の消費活動だって、例外ではない。
私達一人一人が、自分達がこれから生きて行く先を、知らず知らずのうちに決めている。
モノを買う事は、信任していること。その結果、「そのモノ」が、市場で売られている。




 ある日、いつものようにアターを買いに行くと、店から姿を消していた。
今まで使っていた粉は、在庫で少し。 終われば、25kg×10袋を、問屋さんから購入する?しない?の選択が待っている。
ストックする場所はないし、すぐに掃かす事も出来ないので、広範に売られている粉を買うしか選択はなさそうだ。

たった、粉ひとつの事だけど、いろいろ考えさせられた。
最後まで読んでくださって、ありがとう。

3 件のコメント:

USHIZO さんのコメント...

こんばんは。

私はTAPiRさんでしかいただけないふすま入りのチャパティが大好きです。
それがいただけなくなってしまうのは残念です。

虫が沸くというのはある意味自然な事で、裏を返せば虫も食べないような物を喜んで普段食べているのかと思ったりもします。

私が以前訪問したタイ料理屋では、トッピングのパクチーに青虫が動いてた事がありました。
その事は自分のブログでは伏せて、お店の記事も書きませんでした。

基本は自分のところを見て、お店に興味を持ってもらって、訪問してもらう事でお店に還元できれば、と思っています。
お店を貶めるのが目的ではないので。

それでは、失礼しました。

匿名 さんのコメント...

TAPiRのチャパティ、大好きです。

粉の仕入れからも愛情を感じ、嬉しさが倍増しました(ゲンキンですね)。

私の友人は都心のマンションに住み、洗濯物を干せばタオルが真っ黒、窓なんて開けっ放しにしたって、虫さえ寄ってこないよ、と言っていたことを思い出しました。

また、食べに参ります。

タピ さんのコメント...

ushizo さま

いつもありがとうございます。
ささやかな事でも自分に出来る事はあるはずで、この覚書を残してみました。
なので、それに対してコメントをくださいまして、ありがとうございます。

クオリティーが多少変わるよ。というアナウンスもあります。
このこと自体は残念な事ですが、また何かを作る良いチャンスだとは思っています。



匿名の方

ある意味、こんな方々に支えられているんだと思っています。ありがとうございます。
また思い出したら、食べにいらしてください。